忍者ブログ
思考のさらに奥へ進んでみよう☆知りえた事をまとめておきますー
2017 . 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール

    ミコスマ管理人
    井の中の蛙であっても、大海を
    想像すればいいんじゃね?的な
    気になるリンク
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    言うことを聞かない子供に、怒鳴って聞かせたり、
    ビンタをする人がいる。
    ひどい場合は罵声を浴びせる親もいる。

    驚きを通り越して、悲しみに震えてしまうことがあります。
    大人とは呼べないような大人が増えています。

    彼らの怒りが発生する原因は
    ・自分の感情をコントロールできない。
    ・ここは怒る場面だ!という情報を無意識下にインプットしている。
    ・相手を怒ることによって自分への被害を減少させようとしている。
    ・相手を怒ることによって自分の弱さを隠している。

    という感じなのでしょうか。

    子供を躾けるのに怒るという行為は必要ない。
    (というくらいの考えで問題なし)

    やさしく教えてあげればいいんです。

    ↓ここ重要
    それでもいうことを聞かないのであれば、
    そういう状態にまでしてしまった親の責任です。

    生まれつき言うことを聞かない性格だった、
    なんていう子供はいません。

    ※ただし、一概にこの内容が当てはまるとは限りません。
    家庭、人、心身それぞれに違った環境があると思いますので。

    私が言いたいのは、自分勝手や自分の怠惰が原因で
    そういった状況にしてしまったのにも関わらず、
    怒り散らしているダメな大人はダメダメということです^^

    部活動の先輩や教師、会社の上司など、相手が失敗したら
    怒る人がいます。

    部下の失敗などは上司が管理できていない証拠ですし、
    部下が失敗する可能性があることくらい想定し、
    把握するべきです。

    怒ることによるメリットなど、百害あって一利なしです。
    部活動を楽しむことができなくなるでしょう、
    職場の雰囲気も悪くなるでしょう。

    そこはそうじゃなくて、こうだよって教えてくれた方が
    グッと心に刻まれるものです。

    部活動の指導、料理の修行、スポーツの練習、稽古、経営指導など
    怒って教えることが美徳になっているところありますよね。

    そういう風景を見ると、滑稽に思えてしまうのは私のまだ
    知らない何かがあるからなんでしょうか?

    いえ、やっぱり私はそんな自分の能力の無さを棚にあげて
    怒って教えるなんてことはできません。

    相手に理解できるように、相手を導くように伝える方法が
    必ずあります。紳士的にいくのが私流です(笑

    賢くいこうぜ☆

    人に物を教えるのに、怒る必要なんてないんです。
    論理的、現実的に、さらに温かい教え方をしたほうが
    メリットが多く、ひいては伸びるってもんです♪

    それが大人です。


    では、怒るという感情は何のためにあるのか?

    本来、大人が「怒る」場面というのは、
    理不尽な出来事、悪意そのものに対して、
    もしくは悪意によって悲劇が起こった時くらいに思います。

    あ、ちなみに親のあるべき姿をお話しましたが、私自身は独身です。
    子供を授かったら自分の学んできたことを話してやりたいです。
    というわけで恋人募集中です。ヨロシク(何
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    全ての体罰を『暴力』とくくってしまう事に逆にとても強い危険を感じます。
    NONAMEさん / 2010/06/10(Thu) /
    無題
    初めまして。動画→サイト→SNSと廻ってたどり着きました。
    コメントお邪魔致します。

    子供に対して、過剰な力で怒る事をせずに居られたら、それは素敵な事ですね。そうあるべきだと思います。
    怒ると叱るは違う、というあれでしょうか。
    子供が、してはいけない事をした時、はじめは諭し、それでも繰り返すなら叱ってあげる。
    大きな声、酷い言葉や力を使わなくても、目を見て真剣に「いけない」と言われたら子供にとっては十分畏しいものです。
    父にそうされて、ごめんなさいと反省しつつ大泣きした事があります(笑)

    ミコスマ管理人さんの動画はとても良い刺激になりました。ありがとうございます。
    お気をつけてこれからも活動していって下さいませ。
    トモさん / 2010/06/11(Fri) /
    <ミコスマ管理人>
    ■NONAMEさん
    そうですね、体罰の定義というのが人それぞれになって、難しいところですね。

    ■トモさん
    目を見て真剣に。ズッシリくるものがありますね^^
    お気遣いありがとうございます。がんばります!
    ミコスマ管理人さん / 2010/06/14(Mon) /
    無題
    遅まきながら、ブログ開設おめでとうございます。

    「怒る」と「叱る」は違います。
    難しいですけどね。
    通行人さん / 2010/07/11(Sun) /
    無題
    私には子供がいますけれども…確かに「怒る」のと「叱る」のは違うと思います。
    何が何でいけないのか、そしていかにあるべきかを納得させてから一発行っています。
    叩くことが正しいか否かは異論はあると思いますが、必ず素手で叩きます。素手だと叩く方も痛いので(笑)
    白狼@榛名さん / 2010/10/28(Thu) /
    その通りです
    すぐキレる親に育てられた子どもが
    すぐキレる子に育つのは至極当然ですよね。

    叱るではなく、怒る。
    教育ではなく、感情をぶつけるだけ。

    こういったことは、親が
    「子育てを自分の被害だと本気で思っている」
    からこそ起こります。

    私の母親もそうでした。

    内情を話すと長くなりますが
    母親のこと、大嫌いです。
    今は完全に絶縁していますし
    親戚も和解させるのを諦めている模様です。

    身勝手な理由で怒っているのか
    自分のために怒ってくれているのか
    子どもは馬鹿じゃないからちゃんと見抜きます。

    「子を愛さない親はいない」
    ってのもある意味神話だとさえ
    思っています。
    もなかさん / 2010/11/02(Tue) /
    無題
    最近よくいる。怒られることに慣れていない人の理屈でしょう。世代格差の一種です。簡単に言えば上の世代は怒られているうちが花と思っているのです。今の世代は怒られることに慣れていない為、上の世代の人でいえば単なる指導のような気分でいるものに、悪意であると反応してしまう現象です。
    ミヒロさん / 2010/11/21(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    想定範囲を広げる HOME 出世のしかた
    Copyright © ミコスマ管理人の知恵袋 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]