忍者ブログ
思考のさらに奥へ進んでみよう☆知りえた事をまとめておきますー
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール

    ミコスマ管理人
    井の中の蛙であっても、大海を
    想像すればいいんじゃね?的な
    気になるリンク
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    あなたのレベルが上がる=004
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    本当のやさしさ

    物事の定義は人それぞれに異なる。
    人の認識レベル、価値観、情報量、能力は異なる
    ものだから当然。(参考:001)

    自分が強くなければ
    愛する人を守ることができない。つまり、気遣いだけの
    やさしさには限界があり、守れないなら守れるように強くなれば
    いい話だが、その努力を怠るのであれば、それは本当のやさしさでは
    ないよね、と考えている。守れる力・強さを手に入れる行為を実行し、
    継続することがやさしさの条件となる。

    世間の『大半』が持つ『やさしさ』の定義とは、
    人にやさしく接すること、笑顔を振りまくこと、
    礼儀と道徳を重んじること、となっている。

    私が持つ、やさしさの定義とは、
    守れる能力を持つこと、です。

    例えば、恋人が危険な状態に陥った時、
    ケース①…大丈夫と励ましたり、親身に考えてあげる
    ケース②…物理的に助け、安全な状態を確保する

    あなたなら、どちらが良いと思うだろうか?
    ①は、実質的な解決には至っていない。
    ②は、実質的な解決を成し遂げている。

    別の視点から見れば、
    ①は恋人を守る能力を備えていない。
    ②は恋人を守る能力を備えている。

    ということになる。
    私の場合は、常日頃から恋人の身の安全を確保する
    ことを意識しているから、必然的に自分が強くなる
    必要があると判断している。

    恋人にやさしく接するのは当然のことだが、真剣に
    大切と思うのなら、守れる能力を身につけるのは
    当然のこと。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    人間は悩む生き物、の由来 HOME 意図された『本当のことが言えない状況』
    Copyright © ミコスマ管理人の知恵袋 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]