忍者ブログ
思考のさらに奥へ進んでみよう☆知りえた事をまとめておきますー
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール

    ミコスマ管理人
    井の中の蛙であっても、大海を
    想像すればいいんじゃね?的な
    気になるリンク
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    あなたのレベルがめちゃ上がる、はなし=008
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    世の中の多くの人間を操れる『最も強い力』
    それは伝達力 それを悪利用するテレビ局

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    全ての人間に、深刻に影響するはなしです。
    世間では特に隠されてきた、複雑で難しいはなしです。

    例えば、いまの戦争は武力行使から情報戦術に移行しています。
    武力では世界から避難を浴びるが、情報戦術であれば
    合法的に戦争が仕掛けられます。
    様々な利点がありますが、費用対効果が高い、
    ばれ辛い、ばれたとしても手の打ちようがない等。
    話が長くなってしまうので、ここでは省略。

    例えば、あなたの隣に座ったおっさんが、
    『今世紀最大の人類の教訓となる話』を繰り広げたところで
    それを知ることができるのはあなただけです。

    たとえそれが、この地球上の全ての人間を幸福にできる話であったとしてもです。

    このおっさんが駅や街頭でこの話をマイク片手に話しても
    街中どころか、通りすがる人にすら伝わらない、相手にされないものです。

    ならば、世の中に知れ渡る条件とは何か?

    そのものずばり、大手メディア、つまりテレビがその内容を報じた場合だけです。
    現在、最も多くの人間が目にする情報、それがテレビで放送された情報です。
    どんなに大きな講演会も、どんなに大きな訴訟でも、世間にその声は伝わりません。

    あなたがどんなに正論を言ったとしても、相手に伝わらなければ世間的な価値は発生しません。
    どんなに世の中にとって重大な情報でも、テレビが取り上げなければ世間の話題にはなりません。
    書籍にしても、芸術にしても、音楽にしても、その業界で高い評価を得ていても
    伝達力という点においてはたかがしれています。

    このような例が適切かもしれません。
    あまり人気の無い楽曲が、テレビであたかも『スゴイ!』と
    報じられたことによって、その楽曲は日本中でブームとなった等々…。

    裏を返せば、テレビ局の思惑通りにブームは作れるということです。
    テレビ局は、世間の話題にしたいニュースを選ぶことができるということです。
    かの国や、政治家、スポンサーが情報戦術に躍起になる理由に納得がいきます。
    報道機関、テレビ局、新聞社、巨大広告代理店の経営者、幹部にその筋が名を連ねるには理由があります。

    テレビで報じられた流行情報は100%の確率で、雑誌、ラジオ、店頭に並びます。
    しかし、その価値はテレビ局が世論を操作して作り上げたものであることから、
    必ずしも私たち国民にとって『人気』がある、『評価が高い』というわけではありません。
    韓流スターなどが分かりやすいです。年配の女性に人気がありますが、
    参考リンク⇒http://p.tl/oIDw

    次のような情報も知っておくと、当時のテレビが報じなかったネタとして便利です。
    菅直人(当時首相)の韓国人女性との隠し子について、台湾テレビがニュースで報じたが、
    日本のテレビは一切報道しませんでした。(※隠し子がいたというニュースそのものを
    報じないのは、100歩譲りましょう。しかし、これが決定的な証拠です⇒
    少なくとも『日本の総理大臣が台湾のテレビニュースで隠し子がいると報じられた』、
    という情報は、誰がどう考えても知りたい情報です。テレビが報じるべき内容です。
    日本のテレビ局がこぞって、民主党への影響を考えて明らかな情報隠ぺいを行ったという
    確たる証拠と言えます。)
    参考リンク⇒http://yomogineko.iza.ne.jp/blog/entry/1661439/

    東日本大震災では、事実が隠ぺいされた内容がテレビで報じられました。
    菅直人(元首相)の膨大な数に及ぶ失態はほとんど報じられませんでした。
    在日韓国人からの違法献金や拉致関連団体との献金問題も、当時のテレビはまったく
    伝えませんでした(※1カ月以上経ってからようやく報道を始めた)

    現在、日本の報道機関であるテレビ、新聞、マスコミが伝える情報は全て許可された内容
    ばかりとなっています。考えてみれば当然のことですが、それだけの『伝達力』を持った報道機関を
    かの国や悪政治家が野放しにするわけがありません。

    なお、事実を報道しているメディアとしては週刊誌、一部の新聞(産経新聞)、ネット情報となっています。
    また一部のフリージャーナリストも事実を伝えています。

    ※先にあげた菅直人(元首相)の件(私たちが政治の判断とする為に必要な情報)を報じていないことが、
    日本のテレビ局が事実隠蔽を行ったという何よりの証拠となりますが、週刊誌やネット情報の
    信憑性について、根拠は別項(ミコスマサイト等)を参照してください。

    演出、笑い、涙によって感動を誘えばいとも簡単に視聴者をだますことが出来てしまいます。かの24時間テレビマラソンも
    やらせ(車で移動など)が発覚しています。ビートたけしさんが暴露しています。
    こういった『捏造』『テレビにとって都合が悪い情報』の情報発信源は、そのほとんどが週刊誌、一部新聞社の調査によるものです。

    伝達力は非常に強力な力を持っています。国民を操り、政治への投票をも操作します。
    多くの人間が持ち合わせている情報が、『偽り』である現実を受け入れることがあなたにはできますか?
    テレビが国民を騙す世の中、国民が情報の真意を見極める時代は始まっています。

    ⇒目次にもどる
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    報道時期を操作するメディア HOME もの凄いチカラ!直感について
    Copyright © ミコスマ管理人の知恵袋 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]